地下鉄御堂筋船「新金岡」からすぐのおかもと眼科クリニック。一般的な眼科診療から手術まで。

TEL:072-246-4113

大阪府 堺市 北区 長曾根町3069-6
新金岡ビル3・4F

医師の紹介

求人案内

イベントのお知らせ

トップページ»  医師の紹介

院長紹介

院長:岡本 直之

院長:岡本 直之

眼科専門医/京都大学医学博士

経歴

学歴
大阪府立大手前高校 卒業
京都大学理学部 卒業
京都大学医学部 卒業
京都大学医学部大学院(医学博士)
職歴
京都大学医学部付属病院(助手)
米国ジョンズ・ホプキンス大学病院(研究員)
米国ジョンズ・ホプキンス大学病院(学術振興会派遣研究員)
米国ジョンズ・ホプキンス大学病院(若年糖尿病財団国際フェロー研究員)
宮崎医科大学(講師)
北里大学医学部(講師)
北野病院眼科(副部長)
学会
アメリカ眼科学会(AAO)
アメリカ白内障屈折矯正手術学会(A SCRS)
日本眼科学会 他

メディア掲載

ご近所ドクターに掲載されました。

▲画像をクリックで別ウィンドウで開きます。

私のお気に入り―ダンスフロアに自動演奏ピアノ

学生時代に競技ダンス(Ballroom Dance)をしていたこともあり、いつでも使える自分専用のダンスフロアを持つのが夢でした。ワルツ、タンゴ、ルンバ、チャチャチャ・・・・・。
でも自宅に専用フロアを、というわけにもなかなかいきません。そこで開業するときに、狭い中から少しでも広めのスペースをとって、ダンスやパーティにも使える多目的フロアとして設計し、そこを待合室にしました。
床には硬さや感触がちょうどよい桜材を使用し、床下の補強もかなりしました。ちょっと手間はかかりますが、ニスや塗装はなしで、まめにワックスをかけています。表通りに面した全面の大きな窓からは明るい自然光が入り、ほかの壁は鏡張りにしました。
最近グランドピアノも入れ、診療時間中は自動演奏とし、診療後は自分の練習時間にしています。いくら大きな音を出しても、いくらダンスで飛び跳ねても、誰にも迷惑をかけないから大丈夫。
患者様にも、クリニックの明るく和めるこのスペースは、けっこう好評です。

当院アドバイザー紹介

岡本左和子

著書

『患者第一最高の治療』
患者の権利の守り方

元ジョンズ・ホプキンス病院
ペイシェント・コーディネーター
岡本左和子

講演

新しい医師・患者関係
―医師・患者が力をあわせる新しい医療―

座長
竹嶋康弘(日本医師会)
岡本左和子(メリーランド州立タウソン大学)

患者と医師のよりよい関係に信頼とコミュニケーションが大切なことは言うまでもないが、従来なおざりにされてきた感がある。治療の責任を取る医師と治療結果を引き受ける患者の意識には、その立場の違いによって大きな差があり、これがずれ違いの原因となる。このセッションでは、患者、医師、医療行政それぞれの立場から意見を聞き、満足できる医療のために、患者と医師双方が納得できる、日本の文化に合った新しい関係を探りたい。

基調講演「コミュニケーションとチームワーク医療を考える」
岡本左和子 メリーランド州立タウソン大学

  1. 患者が望む医療環境
    まつばらけい 子宮・卵巣がんのサポートグループあいあい
  2. 患者―医師間での情報の共有について
    粂 和彦 熊本大学発生医学研究センター再建医学部門幹細胞制御
  3. 医療情報をいかにして国民に伝えていくか
    河原和夫 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科政策科学
  4. 医師が患者に望むこと
    池田俊彦 福岡県医師会

メディア掲載

PRESIDENTに掲載されました。

▲画像をクリックで拡大できます。

医療ルネサンスに掲載されました。

▲画像をクリックで拡大できます。

毎日新聞コラム「診療室のワルツ」に掲載されました。

▲画像をクリックで拡大できます。

PAGE TOP